「女のいない男たち」

村上春樹
6短編集
共通項は”連れ添った女を失った男たち”であること
前半4作は個人的にも秀作と思う
いつも通り読みやすい文と構成ながら想像を刺激し安易に読ませない余韻を残す
“ドライブ マイ カー”
“イエスタデイ”
“独立器官”
シェエラザード
“木野”
“女のいない男たち”

f:id:MarioPamuk:20210724230712j:image