「若い小説家に宛てた手紙」

マリオ=バルガス=リョサ
ノーベル賞ペルー作家
小説家志望の全ての若者に送る小説技巧集
文体・話法・人称・時空間視点
小説の技巧に無限の可能性があると改めて示したリョサ直伝の文学解剖講座
私自身も来年から少しずつ小説の執筆を始める予定なので読み返すはず…笑

f:id:MarioPamuk:20210615004455j:image

「神秘な指圧師」

ヴィディアダハル=スラヤプラサド=ナイポール
ノーベル賞トリニダード=トバゴ作家
覇権言語の英語の現地スラング広島弁で訳したポストコロニアル文学
教師→指圧師→神秘家→議員→大英帝国勲爵士と出世するインド系主人公が滑稽かつユニークなトリニダードと共に描かれている

f:id:MarioPamuk:20210615004404j:image

中公新書「物語〇〇の世界史」シリーズ 遂に全40冊(現時点)制覇

特に目指していた訳ではないのですが読破していた、、笑
通史を新書で!
しかも高いレベルで!
書いてあるので海外旅行では行く国のシリーズをよく携帯していました!
今後アフリカや中東の国も出て欲しい

f:id:MarioPamuk:20210615004307j:image

「聊斎志異」

蒲松齢著
清初怪奇幻想奇譚集
怪・仙・幽・恋・妖・夢
出身地の山東省を中心に人間動物幽霊に都市農村商店と幅広い世界観の43短編
蠱毒や闘虫と独特の文化も散見
科挙落伍者ゆえ科挙の話が多い
酒に浸り詩を吟じ料理に舌鼓する
女性の存在感も高く同時代のヨーロッパより生活水準は高そう

f:id:MarioPamuk:20210615004215j:image

「黄金の少年 エメラルドの少女」

イーユン=リー著
中国系アメリカ女性作家
中国独特の一族・集団概念を題材に描く短編集
“金童玉女”
お似合いカップルの意味
纏足や一人っ子政策など中国女性を軸に難しい中国の恋愛文化を儚くも美しく描く
代理母問題や黒孩子に超年の差婚など家族観の根底を問う作品

f:id:MarioPamuk:20210615004130j:image

「行動経済学」

心理学+経済学=行動経済学
要点のみ教科書的な入門書
少し見慣れない用語もあるがこれぞ科学的データに基づく”ビジネス書”
損得勘定を可視化した”期待効用理論”
選択を誘導する“ナッジ”
固定観念を促す“確証バイアス”
日々のランチに国家規模の財政政策までマクロにもミクロにも使える

f:id:MarioPamuk:20210615004050j:image

「アッシャー家の崩壊/黄金虫」

エドガー=アラン=ポー著
アメリカ作家

怪奇小説始祖
江戸川乱歩が憧れたミステリの始祖
文学で最も難しいのは生理反応にまで訴えかける”恐怖”の創出
名探偵オーギュスト=デュパンも登場
自然・推理・ホラー・SFどれをとっても面白い短編集
“アッシャー家の崩壊”がオススメ

f:id:MarioPamuk:20210615003958j:image