「響きと怒り 上」

ウィリアム=フォークナー著
ノーベル賞アメリカ作家
ヨクナパトーファサーガの一角
コンプソン一族の盛衰を”意識の流れ”で大成した
第1章 1928/4/7 痴呆の末弟の視点
第2章 1910/6/2 自殺予定の有能な長兄の視点
第3章 1928/4/6 親不孝な次男の視点
第4章 1928/4/8 黒人召使の視点

f:id:MarioPamuk:20210724231535j:image
f:id:MarioPamuk:20210724231539j:image