「嘔吐」

ジャン=ポール=サルトル
ノーベル賞フランス作家(辞退)
現代文明に違和感を覚え”嘔吐”を催す日々を綴った独白日記式の実存主義文学
フッサール現象学”を小説で表現
事物の存在に不安と恐怖を覚え狼狽える主人公
文字・機械・人工物と有形無形な事物に生理的拒絶感と孤独を感じる現代人

f:id:MarioPamuk:20220707180055j:image