「憤死」

エドゥアール=グリッサン著
フランス海外県マルティニーク作家
小島ゆえ宗主国言語と混じり独特なクレオール語が発展したカリブ海
無職の3主人公の運送人としての生活が独特な現地化仏語スラングと自然描写で進む
読み辛いが政治の失敗と不条理な現実に憤る姿と豊かな生活に憧れる詩が印象的

f:id:MarioPamuk:20220101232855j:image
f:id:MarioPamuk:20220101232851j:image
f:id:MarioPamuk:20220101232904j:image
f:id:MarioPamuk:20220101232858j:image