「同志少女よ 敵を撃て」

逢坂冬馬著
ナチに村を略奪され復讐を誓うソ連の少女たちで結成された女性狙撃団
スターリングラード初陣
ケーニヒスベルク決戦
鬼気迫る戦闘軍事描写
戦時の女性描写
極寒ロシアの自然描写
狙撃兵の心理描写
スパイの諜報描写
穿ち斃れゆく同志少女が射抜く視線の先とは…?

“戦争は女の顔をしていない”
それでも女は戦った撃ち抜いた
史実もかなり正確に描かれており戦争の持つ虚無感が伝わる

映画や漫画に向いたエンタメ的作品でミステリ要素は少なくピカレスク小説に近い

そして何より!!
ロシア+イリーナ+暗殺+女性教官…
これはもう「暗殺教室」のビッチ先生では?笑

f:id:MarioPamuk:20220101185755j:image
f:id:MarioPamuk:20220101185801j:image
f:id:MarioPamuk:20220101185750j:image
f:id:MarioPamuk:20220101185804j:image
f:id:MarioPamuk:20220101185758j:image
f:id:MarioPamuk:20220101185753j:image