「荘園」

”荘園”で時代が読み解ける
近代以前は国家の根幹を成し税・職業・身分に直結
イスラームイクター制やインカのミタ制と世界史でも地域に合わせ個性豊かな土地制度がある
公地公民→班田収授法→三世一身法→墾田永年私財法→御恩と奉公
その後も貨幣経済と貿易促進で時代に合わせて進化した

f:id:MarioPamuk:20211105005538p:image
f:id:MarioPamuk:20211105005535j:image
f:id:MarioPamuk:20211105005533j:image
f:id:MarioPamuk:20211105005547j:image