「少年時代」

ジョン=マクスウェル=クッツェー
ノーベル賞南アフリカ作家
自伝3部作1部
アパルトヘイトを目にした少年時代の半自伝
多言語多人種社会で白人に都合の良い言語・歴史教育が罷り通る様が生々しい
鞭打ち教育や人種迫害等の時代や社会を個人的体験と結合し更に文学へと仕上げる腕は流石

f:id:MarioPamuk:20210712134630j:image