「恐るべき子供たち」

ジャン=コクトー

フランス作家

自身のアヘン中毒治療期間の17日で書き上げた小説

1つ屋根の下の相部屋に住む相思相愛の若き姉弟

だが弟に恋人ができて嫉妬した姉が残酷な恋人迫害を始める

弟はこの近親相姦の縛りに苦しみアヘン自殺

それを見て姉はピストル自殺

昇天時に漸く一緒になれた

f:id:MarioPamuk:20210429115520j:image